ダイエットは自宅でも簡単に取り組める(宅トレ紹介)

ダイエットは自宅でも簡単に取り組める(宅トレ紹介)

2018年12月18日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

ダイエットは自宅でも簡単に取り組める(宅トレ紹介)


大分市ワイズボディメイクでは定期的にインスタグラムやユーチューブ等にて宅トレ動画をダイエット向けに配信しております。フェイスブック等も含めると、その数100動画を超えます。自宅でダイエットに励む方。是非参考にして下さい。



ダイエットの目標値が5キロ未満であれば、トレーニングジムに通わなくても食事制限と合わせればコントロールできる範囲です。今回の動画は下半身メインのトレーニングではありませんが、自宅でダイエットを行う際は「下半身重視」のトレーニングにして下さい。人間の筋肉は大きい順で「脚」「背中」「胸」となりますので、優先順位は「脚」「背中」「胸」の順番になります。


下半身だけで人間の筋肉の約7割近くを占めるので下半身のトレーニングは必須です。大腿四頭筋からハム、そしてヒップと腓腹筋群を鍛える事で確実に基礎代謝が向上し痩せやすい体を手に入れる事ができます。食事に関しては、まずは今までと変化を加えないで、まずは筋力トレーニングだけで、どれだけ効果が現れるかを試してみましょう。


理想値まで変化が現れない場合は、朝、昼は通常で、夜だけは可能であれば午後6時までに食事を済ませて、糖質をOFFにします。朝と昼は活動していますので糖質は摂取して構いません。まずはこのステップへ!!


そして重要な事は必ずプロティンドリンク等を上手に使い、タンパク質は積極的に摂取するように心がけて下さい。タンパク質が不足すると極端な話、運動効果がゼロになってしまいます。摂取目安は自分の体重に2をかけた数値です。体重が60キロならば120グラムの良質なタンパク質「アミノ酸スコア100」を目安とします。


120グラムと簡単に書きましたが、実は良質なタンパク質を3色で摂取するのは難しいので、可能ならばプロティンドリンクを活用しましょう。運動の頻度は仮に「脚」「背中」「胸」と全身を行うならば週に2回程度が理想です。


気合いを入れて「毎日トレーニング」は筋肉に発達する為の休みを与えない事になりますので、必ず同じ場所のトレーニングが重なる場合は48時間は最低休みを挟んでください。休む事も実はトレーニングの一つなんです。


最後に水分の摂取ですが、コーヒーや紅茶など利尿作用のある水分は除いて1日の摂取目標は2ℓです。単に運動で汗をかき、水分が失われる理由だけでなく、筋肉の同化作用(筋肉が作られる過程)で最低2ℓ程度の水分を必要とします。


ダイエットの本当と嘘FB

▲TOP