運動によるダイエットの効果とリバウンドの関係!!

運動によるダイエットの効果とリバウンドの関係!!

2018年12月17日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

運動によるダイエットの効果とリバウンドの関係!!


ダイエットは食事制限の他に運動が良い結果を得られるイメージがあります。誰でも手軽に出来る運動としてジョギングや体操などがありますが、運動による体重の減少は多くの場合、体内に含まれている水分が汗になって排出された結果です。

そのため、本来減らすべき余分な脂肪は体に残ってしまいます。蓄積された脂肪を減らすためには運動の方法に工夫を施すことが重要になります。無暗に動き回るだけでは脂肪は減少せず、筋肉の疲労だけが溜まってしまうので効果的なダイエットは見込めません。無駄な動きは筋肉が傷んでしまい、後の生活にも大きな支障が及ぶ危険があります。脂肪を効率的に減らすためには筋肉の動きがもたらす影響と脂肪の分解の仕組みを正しく理解することが大切です。


過激な運動によるダイエットは筋肉の疲労だけではなく、リバウンドも大きな問題です。体に大きな負担をかける運動によって一時的に体重の数値は下がりますが、ダイエットを終えた後になってから急激に太ってしまうことも珍しくありません。しかもリバウンドによる肥満は脂肪を減らすのが困難とされています。過激な運動によって一時的に脂肪が減少すると、人体の免疫機能が過剰に働いてしまい、接種した栄養の殆どを脂肪に変化させて蓄積させようとします。そのため、無理のあるダイエットほど体重の数値は減りやすい反面、すぐにリバウンドしてしまうので適正な数値を保つことが出来ません。運動によるダイエットを成功させるためには体調を確認しながら少しずつ体重の数値を減らすようにすることが重要になります。


運動による発汗で水分が減少すると体重の数値が一時的に減るのでダイエットが成功したと誤解しがちです。しかし肥満の原因である余分な脂肪を分解させるためには体内の水分が不可欠です。そのため、運動で脂肪を分解させるためには適切な量の水分補給が必要になります。また、発汗と共に塩分も排出されてしまうことから、水と一緒に適量の塩を補給するのも運動を長く続けるための秘訣です。


運動でダイエットを成功させるためには長く続けられる他、脂肪の分解効率が良いことが重要な条件になります。ストレッチやヨガなど、激しい動きが無くても脂肪を分解しやすい運動であればダイエットに取り入れることが可能です。また、疲労を感じにくいことから長く続けられるのもダイエットに適している理由の一つです。運動によるダイエットは効果が出るまで根気強く続けられることとリバウンドの心配が無いことが成功の条件なので、自分の体重の数値や時間配分の調整に気を配ることが大切です。


ダイエットの本当と嘘FB

▲TOP