カロリー制限は嘘?正しいカロリー制限ダイエットとは?

カロリー制限は嘘?正しいカロリー制限ダイエットとは?

2018年12月11日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

カロリー制限は嘘?正しいカロリー制限ダイエットとは?


カロリー制限は嘘?正しいカロリー制限ダイエットとは?

一般的に太る原因は、食べ過ぎによるカロリーオーバーだと言われています。したがって、消費するカロリーが摂取するカロリーを下回れば痩せるとされています。しかし、残念なことにカロリーを制限しても体重がなかなか減らない人や脂肪がなくならない人も少なくありません。では、なぜこんなことが起きてしまうのでしょうか。その理由は、制限するべきものを間違っているからです。太る原因成分として注目を集めているのが「糖質」です。ご飯や麺といった炭水化物や砂糖などにも多く含まれています。


糖質は体の中で「ぶどう糖」に合成されると、燃料として血液の中を通り脳やその他の神経に流れていきます。しかし、体内に蓄えておけるぶどう糖の量は健康な人でも約300g前後です。しかも、ぶどう糖は筋肉や肝臓以外の場所に蓄えることはできません。したがって、運動習慣がなく筋肉量が少ない人はぶどう糖を蓄えられる量がさらに減少します。蓄えられなかったぶどう糖は、行き場を失うので脂肪になって体内に残ります。つまり、どんなにカロリー制限をしても糖質摂取量が多ければ、脂肪はどんどん増えるということです。


カロリー制限はいったん結果が出たら、すぐに終了することが大切です。その理由は、その生活を続けると今度は大切な筋肉をそぎ落とすことになるためです。したがって、糖質摂取量に注意しながら摂取カロリーを増やし、筋力トレーニングも少しずつで良いので強度を上げていきます。ただし、あまりにもカロリーを増やすと筋肉と一緒に脂肪もついてしまいます。そのため、鏡に映った自分の姿や体重計の数値を確認しながら、カロリー摂取量を調節しましょう。