知らないでは済まされない!糖質制限ダイエットに潜む罠

知らないでは済まされない!糖質制限ダイエットに潜む罠

2018年12月10日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

知らないでは済まされない!糖質制限ダイエットに潜む罠


知らないでは済まされない!糖質制限ダイエットに潜む罠

肥満症や糖尿病の治療食として考案された「糖質制限食」は、食後の血糖値上昇を抑え体内の中性脂肪を減らす効果があります。その特徴は、個人差こそありますが、半年から1年程度で理想体重に近づけるという減量効果の高さです。そのため、病気を治療するためではなく、ダイエット目的で「糖質制限食」を取り入れる人も増えてきました。巷には「糖質オフ」や「糖質ゼロ」をうたった商品が次々と発売され、ファミリーレストラン等でも「低糖質メニュー」が大人気です。


一方で、「糖質制限をしたのに、ほとんど痩せなかった」「痩せることは痩せたが、あやうく命を落としそうになった」という感想を述べる人がいるのも事実です。これは、いったいどういうことなのでしょうか。糖質制限ダイエットで思うような効果が得られなかった人には、共通してみられる特徴があります。それは、十分な知識を持たないまま「自己流」でダイエットを始めてしまったという点です。


十分な効果が見られなかったケースの要因の一つには、「きちんとした制限食になっていなかった」ことが考えられます。糖質制限は、糖質を多く含むご飯やパン、麺類といった主食を「抜く」または「減らす」ことが特徴です。ところが、こういった主食以外にも糖質の量が多い食品はまだあります。たとえば、ジャガイモやサツマイモのような「イモ類」の中にはデンプン(=糖質)が豊富に含まれるので、献立を考える際には注意が必要です。また、野菜類は基本的に糖質をあまり含まないものが多いのですが、カボチャやレンコン等の根菜類には比較的多くのデンプンを含んでいます。


また、高齢者が糖質制限ダイエットを行う際には、リスクが高まってしまうことを承知しておきたいものです。人間には、健康な生活を送るため1日に170gの糖質が必要だとされています。これらは、脳や赤血球のエネルギー源として消費される大切なものです。ところが、十分な糖質が供給されないと、体内ではタンパク質を構成するアミノ酸を分解して糖に作りかえようとするメカニズムが働きます。その結果、体を支えるのに欠かせない筋力が衰えてしまうリスクもあるというのです。筋力がおとろえてしまうと、普段は何でもなかった動作でも辛く感じてしまうことでしょう。筋力低下が転倒を引き起こし、その後寝たきりになってしまったという事例も報告されています。


さらに、糖質制限が原因で血液がドロドロになってしまい、動脈硬化になってしまったという事例も無視できません。これは、主食の代わりにタンパク質や脂質で補おうと大量に摂取してしまったことによるものです。その結果、血管内に悪玉コレステロールが溜まってしまい、血管を傷めることにつながってしまいました。せっかくの糖質制限ダイエットも、正しい知識を持たないままでは期待する効果を得られないばかりか、命の危険さえあり得ます。できれば、医師や管理栄養士といった専門家の指導のもとで行うことが良さそうです。


ダイエットの本当と嘘FB

▲TOP