30年前より今は1日消費カロリーは600カロリーも減少!!

30年前より今は1日消費カロリーは600カロリーも減少!!

2018年12月7日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

30年前より今は1日消費カロリーは600カロリーも減少!!


これは日本ではなくアメリカのデーターになりますが、普通に生活していても30年前と比べると、何と約600キロカロリーも消費する機会を我々は失っているそうです。考えてみてください掃除機を例にあげても今の掃除機は掃除機自体の軽さが違います。街を歩けば必要以上にエスカレーターが存在します。


掃除機の話をしましたが、30分掃除機をかけると仮定した場合、30年前とでは何と20キロカロリーも今は消費しなくて良いそうです。エスカレーターの話も出ましたが、今は私自身九州に在住していますが生まれた都内に遊びに行くと「あらこんな所にエスカレーターが」と思うことが多々あります。

コンビニの数も今では近所のどこにでもあります。歩く機会はなくなり、運転の場合でも近くにあるので走行距離は減るのです。誰かの曲を聞きたいと思えば昔はレンタルCDを借りに外まで外出しましたが、今ではiPhoneで一発ダウンロードです。

職場ではどうでしょう。資料が必要であれば資料室まで資料を取りに行く、稟議書をあげるのも上司の机まで歩いて持って行きました。今はどうでしょう!!企業にもよりますが、これらすべてがパソコン上で可能な企業も沢山出てきました。


仕事や日常生活で我々は「便利」と引き換えに「不健康」を手に入れたのです。残念な話ですが30年前と違い、普通に生活していたら不健康になりやすい環境に置かれている事を強く意識しましょう。受け入れ難いですがこれが事実です。


では、このような環境の変化にどう対応していくのか??「やはりダイエットを意識」した生活、または運動を取り入れた生活を積極的に取り入れていかないとなりません。時に自分はハムスターなのか?と私は考えた事があります。減量時「ダイエット」に延々とひたすらエアロバイクを漕ぐ自分やランニングを永遠と行ってる自分に向かい合った時です。


しかし自分を取り巻く生活環境は簡単には変えれませんし、家電製品はどんどん便利になって行くことも私には止めれません。当然ですね。やはりここは割り切りが必要です。便利な世の中を受け入れて、それはそれ、そして健康的な生活を送るために「運動」を楽しむ。「ダイエットが必要な方はダイエットすら楽しんでしまう。


昔以上に運動する機会は実は多数存在する。


世の中すべてが便利になった事を逆に利用する。これはどういう事かと言えば、昔以上に運動を提供する場も有料:無料問わず増えているのが事実です。サイクリングの普及やボルタリングの普及などを例に取っても昔はボルタリングなどは存在しませんし、自分が挑戦できる「具体的なスポーツ」の種目は確実に増加していますので、チャレンジすれば良いのです。


ダイエットも30年前はランニングか食事制限の二択でしたが、今はダイエットを成功させるサービスはパーソナルトレーニングをはじめとして多数のサービス業が新たなサービスを開始していますので、こちらも積極的に取り入れて欲しいと思います。

便利なよの那覇になったからこそ、運動習慣、ダイエット習慣を楽しみながら生活スタイルに上手に取り込んで行きましょう。


ダイエットの本当と嘘FBページ

▲TOP