ダイエットは短期決戦ほどリスクは高まる??

ダイエットは短期決戦ほどリスクは高まる??

2018年12月4日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

ダイエットは短期決戦ほどリスクは高まる??


答えはYESです。ダイエットの基本原則は短期ではなく中長期で計画するべきです。短期とは2週間であるとか1ヶ月という事を示します。人間が健康的にダイエットを達成させ、安全面「リバウンド」や「体調不良」で成功させる場合の目安は1ヶ月で自分の体重の5%程度と言われています。

例えば自分の体重が80キロならば1ヶ月間の減量目標は4キロと言う計算ですね。この5%が非常に重要な数字になります。ネット検索や雑誌等にて2週間でマイナス5キロ!!こんな広告を見た事がありますが、真実かどうかは別として仮に真実であるのであれば、非常にリクスの高いダイエットと言えるでしょう。


現在多くのパーソナルトレーニングジムが最低契約期間を2ヶ月と設定している根拠は、筋肉の細胞の入れ替わりに関係しています。ダイエット目的で筋力トレーニングを開始して、まずは肉体の筋肉は約2ヶ月で変化を成し遂げます。要するに2ヶ月は最低必要であると言う事です。

断食ダイエットのように身体にリスクを伴うダイエットの場合は身体を飢餓状態に持ち込むますので約2週間程度で5~10キロと言うダイエットに成功すると考えられます。しかし、これを果たして「ダイエット」と呼んで良いのかは疑問ですね。

ダイエットに成功するという事は、目標体重を手に入れる事ですが、目標体重を手に入れる代償として「筋肉」「骨」など人間が生きていく上で大切な部位まで犠牲にして良いのでしょうか?答えはNOですね。やはり健康的に「リバウンドリスク」がないダイエットが一番だと思います。


そして今回お伝えしたいのは短期決戦「急激なダイエット」は精神面に深く傷跡を残す可能性があります。アメリカでの事例ですが1ヶ月で8キロ以上のダイエットを行った女性の約4割がダイエット後に何かしらの精神疾患に陥るという研究データーが存在します。

精神的な疾患だけでなく「過食症」や「拒食症」などの誘発リスクも短期決戦でのダイエットには付きまとって来ます。これは非常に怖い話ですね。そして身体の怪我とは別で一度誘発した精神的な疾患は完治に時間が必要な事も理解しておくべきです。


目標を決める事はダイエットに有効な事ですが、自分の体重を毎月どの程度落とすのか?期間はどの程度で良いのか?など小まめな計画が必要です。カロリー摂取を1日マイナス◯◯カロリーに設定するなど、しっかりとした計画を立てましょう。


ダイエットの本当と嘘FBページ

▲TOP