ダイエットには糖質制限。しかし実はカロリー制限の方が大事??

ダイエットには糖質制限。しかし実はカロリー制限の方が大事??

2018年12月3日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

ダイエットには糖質制限。しかし実はカロリー制限の方が大事??


ダイエットには糖質制限。今当たり前の様に行われているダイエット法です。食品メーカーから飲料メーカーまで「糖質OFF」商品を次から次へと投入しています。しかし10年前はどうでしたか?10年前の売れ筋ダイエット商品のパッケージには糖質OFFではなく「カロリーOFF」などカロリーに関する表示がほとんどでしたね。

糖質OFFもカロリーOFFも結果的には目指すところは同じなのですが、表記を変えると変えると流行も伴い爆発的に売れるのです。糖質制限は改めて解説すれば炭水化物を中心としたお米やパン。パスタ等のカット。または砂糖類の制限ですね。そしてカロリー制限とは全ての口に入れる食材の摂取をカロリーを基準に制限します。


どちらの管理がダイエットに有効なのか??


糖質制限でダイエットに成功してる方が多数存在しますし、私自身糖質はかなり気にしてる一人です。しかし一番怖いのは糖質は制限しているが、その安心感からか油分の摂取を忘れてるかたも多く、結果的にダイエットに失敗する方が多いのも事実です。糖質カットの場合は目安が明確でない場合が多く、難しいので「とにかく食べない」という選択をされる方が多いです。

逆に1キロ痩せるのに必要な摂取カロリーは7000カロリーですので、数値的には管理しやすいですね。糖質OFFの事例で多いのがサラダと揚げ物を食べるケース。この揚げ物が危険です。米を食べないから揚げ物はたくさん食べて良いと勘違いして、結果的にカロリーオーバーになるケースです。

ダイエットには基礎代謝をあげて燃費の悪い体を作る。これが基本ですが結果的にせっかくハードなトレーニングをしていてもカロリーオーバーをしてしまえば基礎代謝力を引き上げた意味は消えてしまいますね。そこで再度見直して欲しいのはやはり1日の摂取カロリー年です。糖質は抑えつつ、基本は摂取カロリーを基本とする事。

自分の基礎代謝を理解把握して、1日のとタール摂取カロリーを基礎代謝以下に必ず抑える。これができればダイエットは100%成功します。1日に運動消費カロリーにプラスして基礎代謝もプラスする。そのトータルカロリーよりも摂取カロリーを毎日200カロリー程度抑えれば月間で約6000キロカロリーのマイナス摂取。約1キロのダイエットは確実に見えてきます。

1日に4400キロカロリーマイナスすれば1200カロリーのマイナス消費ですから約2キロの体重減が見込まれます


ダイエットは単純が一番です。


上記のように複雑な計算を伴うダイエットよりも簡単な計算で即実践できる方が有利ですね。食品表示でカロリー表示は義務ずけられていますので、カロリーだけを見る癖をつけて自分の基礎代謝を超えないカロリーを目指しましょう。


ダイエットの本当と嘘ツイッター

▲TOP