ダイエットと1日に1万歩説の崩壊は本当なのか??

ダイエットと1日に1万歩説の崩壊は本当なのか??

2018年12月3日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

ダイエットと1日に1万歩説の崩壊は本当なのか??


健康維持増進、ダイエットの為にも1日に1万歩歩く事を推奨する活動が約10年間続き、多数の書籍等も販売されてきました。当然、お国も1万歩歩行を推奨してきました。しかし、最近この定説に大きな変化が生まれて、どうやら1万歩説の一部は覆られそうです


そもそも1日1万歩説は今から20年近く昔に各方面の研究者が発表し、世に広まったと言われています。世に広まったと言っても世界ではなく日本独自の広まりです。確かに1日1万歩を歩けば健康に良いことは間違えありません。

しかし最近の研究では1日1万歩が上限で、健康になるたいからと言ってそれ以上歩いても「効果はない」「歩数と健康は1万歩以上は比例しない」という事が判明したのです。


東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏の研究


青柳氏の研究「著書」ではこのように解説しています。

1日1万歩が悪い、間違っているというわけではありません。これまで地道にウオーキングを続けてきた方はそのまま続けて大丈夫です。ただ、著書の中でも1日1万歩以上歩いていた旅館の女将さんが骨粗しょう症になった話に触れていますが、いくら毎日1万歩以上歩いても、やり方が悪ければ何の効果も期待できませんし、歩き過ぎるとかえってそれが病気を引き起こすこともあります。

着物を着た旅館の女将さんの場合、足を上げず、小股で静かに歩く毎日のため、運動の強度が骨密度を保つのに十分ではなかったことや、館内で過ごすことが多いため1日に浴びる紫外線量が不足したことが、骨が弱くなることにつながったと考えられます。


歩けば歩くほど不健康になる??


彼はメルボルンで水泳で有名なイアンソープ選手の団体の血液検査を詳細に調査した結果、血中酸素や運動に寄与する面では最高の身体であったが、唯一免疫に関する対応力は一般人以下であった事を突き止めました。適度な運動は身体に非常に良い結果を与えてくれますが、限度を超えるハードな運動は免疫力を落としてしう訳ですね。

1日1万歩説でも同じ事が解説されています。1000歩よりは3000歩、3000歩よりは5000歩、5000歩よりは10000万歩、しかし「それ以上は健康維持増進効果は高まらずリスク発生の可能性が高まる」

これを科学的に突き止めたのです。ある意味でこれはスポーツ業界にとってはノーベル賞的な価値のある研究成果だと言えます。ダイエット目的でひたすら歩き続けると体を壊す事が「科学的に証明された」からですね。


ダイエットや健康維持増進が目的であれば、基本的に1万歩を上限に約8000歩を目安にすると効果が一番出やすいそうなので、是非、我々もスタジオで取り入れたいと考えています。


ダイエットの本当と嘘FB

▲TOP