筋肉痛が来ないと筋トレの効果はないのか??

筋肉痛が来ないと筋トレの効果はないのか??

2018年12月2日 オフ 投稿者: Hiroshi Tajitsu

筋肉痛が来ないと筋トレの効果はないのか??


答えはNOです。この課題に関する様々な研究が今でも継続して行われていますが、基本的には筋肉痛=筋トレ効果あり。という構図は100%解明されていません。ただしダイエット目的で筋力トレーニングを行う際に筋肉痛は一つの目安にはなると思います。30年以上筋トレを継続している私ですら筋肉痛が来る日と来ない日が同じトレーニングをこなしていても存在します。

痛みのメカニズムについてはいくつかの仮説


これだけ筋力トレーニングが世界規模で行われているにも関わらず、100%筋肉痛の原因に関して決定的な原因は判明していないのが現状です。しかし現在は下記のような理由が筋肉痛を引き起こす原因であると言う意見が大半です。骨格筋は数千本の筋線維が束になり、この束を筋膜が包むように形成されるが、痛覚を伝える神経終末は筋膜には接合しているものの筋線維には接合していない。

このため、伸張性収縮などによって筋肉が過負荷を受けた瞬間(筋線維がミクロレベルで損傷した瞬間)に痛みを感じることはない。よって筋肉痛の原因は、筋肉自体の損傷ではない。ただし、筋膜までも損傷するような疾患(一般的に「肉離れ」と称するもの)の場合は即痛みを伴う。

一般的な説明として多いのは、「運動で生じる『乳酸』の一部が筋肉中の毛細血管に長時間残存し、これが筋肉への酸素供給を阻害して鈍痛を引き起こす(肩こり等と同様の現象)」という仮説である。しかし、伸張性運動の場合に筋肉痛が発生しやすいこと、血液中の乳酸値が運動後比較的速やかに下がってしまうことなどとの矛盾が指摘されている。よって運動をする事にとって生まれる乳酸が大きな関係を示している事は、どうやら本当です。


痛みの原因である乳酸を速やかに体内から出す。


乳酸が筋トレに大きく関与している事は判明しましたが、予防策はあるのか?はい存在します。ダイエットを筋トレで達成しようと考えている方は筋肉痛が嫌でダイエットも諦めてしまう事もありますので覚えていて下さい。

筋トレを行う際に必ずアミノ酸「BCAA」を筋トレ前、または筋トレ中に補給し、クエン酸配合のスポーツドリンクを必ず選択する事。このクエン酸効果は必ず体験できると思います。我々のスタジオの会員様の多くがBCAAとクエン酸配合のスポーツドリンクを飲んでダイエットや筋トレに励んでいますが、効果は皆さん感じています。

クエン酸自身が乳酸の体内残留を遅くして、結果的に筋肉痛を感じない、または筋肉痛の軽減になってくれているようです。商品化も多くのメーカーでされているので、有難いですね。


▲TOP